相場の基本法則“グランビルの法則”

FX

この記事では移動平均線を指標とした最も有名な基本法則である「グランビルの法則」について解説していきます。

初心者向けの為替取引関連書籍には必ず紹介されていると言っていいほど定番化されています。

8つの売買パターン

グランビルの法則には上図のような買いの4パターン、売りの4パターンの計8パターンの売買ポイントがあります。

買いの4パターン

①移動平均線上昇中の上抜け

価格が下落傾向の間、移動平均線はおおむね上にありますが、上昇傾向に変わってくると移動平均線も徐々に向きが変わり、価格が移動平均線を下から上に突き抜けます。

このパターンはトレンドの転換点となる重要なポイントです。1つの波動の中で1回だけ出現します。

用途としては、底値に近いところで買いたいときに使います。

②移動平均線上昇中の「押し目」(移動平均線を割り込む)

値動きは1方向に上昇し続けることはなく、途中に押し目をつけながら上昇していくのが通常です。

そのようなときにこのパターンが出現します。このパターンは1つの波動の中で何回も出現します。

用途としては、押し目買いをしたいときに使います。

③移動平均線上昇中の「押し目」(移動平均線で反発)

価格が移動平均線の上にあって、価格が移動平均線に向かって下落してきた時、移動平均線と交差することなく再び上向きに転じた時は、押し目と判断できます。このパターンも1つの波動の中で何回も出現します。

用途についてもさきほど同様に押し目買いをしたいときに使います。

④移動平均線から上方へ大きく乖離したのちの移動平均線への収束狙い

価格が大きく下落し、移動平均線の下に大きく落ち込んだとき、移動平均線へ戻る動きが期待できるため、買いのポイントとなります。この手法を逆張りと言います。このパターンも1つの波動の中で何回も出現します。

用途としては、移動平均線からの乖離に対する反発を狙いたいときに使います。

売りの4パターン

①移動平均線下落中の下抜け

移動平均線の上にあった価格が天井をつけて下落し始めると、移動平均線の向きも徐々に下向きに変わっていき価格が移動平均線を上から下に突き抜けます。

このパターンはトレンドの転換点となる重要なポイントです。1つの波動の中で1回だけ出現します。

用途としては、天井に近いところで売りたいときに使います。

②移動平均線下落中の「戻り」(移動平均線を突き抜ける)

値動きは1方向に下落し続けることはなく、途中に一時的な上昇(戻り)をしながら下落していくのが通常です。そのような時にこのパターンが出現します。このパターンは1つの波動の中で何回も出現します。

用途としては、戻り売りをしたいときに使います。

③移動平均線下落中の「戻り」(移動平均線で反発)

価格が移動平均線の下にあって、価格が移動平均線に向かって上昇してきた時、移動平均線んと交差することなく再び下向きに転じた時は、戻りと判断できます、このパターンも1つの波動の中で何回も出現します。

用途についても、さきほど同様に戻り売りをしたいときに使います。

④移動平均線から上方へ大きく乖離したのちの移動平均線への収束狙い

移動平均線が上昇している場合でも価格が移動平均線とかけ離れて大きく上昇した場合、反動で大きく下がってしまうことが多々あるため、売りのポイントとなります。このパターンも1つの波動の中で何回も出現します。

用途としては、移動平均線からの乖離に対する反発を狙いたいときに使います。

グランビルの法則に用いる移動平均線の期間

移動平均線を使って分析するのはわかったけど、移動平均線の期間はどれくらいに設定したらいいの?

そうですね、移動平均線について解説した記事でも短期線・中期線・長期線を紹介しました。

ここでは、グランビルの法則に適した期間を説明していきます。

グランビルの法則に適した移動平均線はズバリ期間200の移動平均線です。

グランビルの法則を提唱したJoseph E.Granvile(グランビル氏)は期間200の移動平均線をベースとして分析を行っていたことが彼の書籍からわかっています。

このことから期間200の移動平均線を用いてグランビルの法則を使うのが良いと言えるでしょう。

ただし、彼の場合あくまでも株式市場を基に分析を行っているため日足が基本となっていることも理解しておきましょう。

グランビルの法則に用いる際のポイント

初心者がグランビルの法則を用いる際は、買いパターン1や売りパターン1を狙うのがおすすめです。

その理由は、この2つのパターンは移動平均線を抜けたらエントリーするためエントリー方法がシンプルで初心者にもわかりやすいためです。

買いパターン2・3や売りパターン2・3は押し目や戻りを待つエントリータイミングとなるため、十分な反発を待ってトレンドの継続を確認することが必要となり難易度が高めです。

買いパターン4・売りパターン4での注意点

価格が移動平均線から大きく乖離したタイミングを狙うこの2つのパターンではエントリー後に反発せず上昇あるいは下落が継続する場合があります。

その場合、FXでは放っておくとどんどん損失が膨らんでしまうため損切ポイントをしっかり設定しましょう。また、バイナリーオプションでは損失拡大を防ぐためマーチンは避けましょう。

まとめ

・グランビルの法則は8つのパターン

・移動平均線は期間200の移動平均線を使用する

・初心者は買いパターン1・売りパターン1を狙う

・初心者は買いパターン4・売りパターン4でのエントリーは避ける

コメント

タイトルとURLをコピーしました